ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Q監査委員会の公開資料 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

攝津氏のQ内外での投稿に関する攝津氏と監査委員会の対話

1通目 Q監査委員高山から攝津氏へ。
----- Original Message ----- From: "d-takayama" To: "攝津正" Cc: Sent: Monday, September 15, 2003 7:55 PM Subject: [Q-audit-committee] ご質問

 こんばんは攝津さん。Q監査委員をやっております高山と申します。一度だけお電話さしあげたことがあったと思います。でも随分前のことですね。
 今日、攝津さんにご連絡したのは、攝津さんから西部さんに宛てた形式的には私信となる投稿の一般公開について攝津さんの意志をご確認したいからです。
 具体的には2通、他のMLやQのインフォに転送指定されていない私信が攝津さんから西部さんに送られました。この2通のメール(下部に日付を添付)の一般公開に、攝津さんは賛成してくださいますでしょうか。Q監査委員会は裁判所ではないので、とにかく西部氏と攝津氏のやりとりの全体を一般公開して、憶測の入りこむ余地を少なくしようと思っています。よろしくご検討ください。

Date: Thu, 28 Aug 2003 08:11:46 +0900 From: 攝津正 To: nishibe Subject: Re: 【重要】独房Qメーリングリスト過去ログの公開 Status: RO

Date: Fri, 29 Aug 2003 23:27:31 +0900 From: 攝津正 To: nishibe

2通目 攝津氏から高山へ。

----- Original Message ----- From: "攝津正" To: "d-takayama" Sent: Tuesday, September 16, 2003 2:40 PM Subject: Re: ご質問

高山さん

わざわざメールありがとうございました。 以下の2通のメールの一般公開について、構いません。

攝津 正

"d-takayama" wrote:

《  こんばんは攝津さん。Q監査委員をやっております高山と申します。一度だけお電話さしあげたことがあったと思います。でも随分前のことですね。
今日、攝津さんにご連絡したのは、攝津さんから西部さんに宛てた形式的には私信となる投稿の一般公開について攝津さんの意志をご確認したいからです。  具体的には2通、他のMLやQのインフォに転送指定されていない私信が攝津さんから西部さんに送られました。この2通のメール(下部に日付を添付)の一般公開に、攝津さんは賛成してくださいますでしょうか。Q監査委員会は裁判所ではないので、とにかく西部氏と攝津氏のやりとりの全体を一般公開して、憶測の入りこむ余地を少なくしようと思っています。よろしくご検討ください。

Date: Thu, 28 Aug 2003 08:11:46 +0900 From: 攝津正 To: nishibe Subject: Re: 【重要】独房Qメーリングリスト過去ログの公開 Status: RO

Date: Fri, 29 Aug 2003 23:27:31 +0900 From: 攝津正 To: nishibe 》

3通目 攝津氏から高山へ。

----- Original Message ----- From: "攝津正" To: "d-takayama" Sent: Tuesday, September 16, 2003 2:59 PM Subject: Re: ご質問

高山さん

《 以下の2通のメールの一般公開について、構いません。》

構いませんが、わたしはQユーザーMLの読者ではないので、その後どういう議論になっても読めません。

1、その後、感想や意見などが寄せられた場合は私に転送してくれること。
2、それに対して私が意見があれば私が高山さんにメールを送り、それを QユーザーMLに転送してくれること。
をお願いしたいのですが、いかがでしょうか。不明な点があれば、電話でもメールでも、ご確認ください。

攝津 正

4通目 高山から攝津氏へ。

----- Original Message ----- From: "d-takayama" To: "攝津正" Cc: Sent: Tuesday, September 16, 2003 5:02 PM Subject: [Q-audit-committee] Re: ご質問

 攝津さんこんにちは高山です。一般公開というのは、Qのホームページ上のことです。ですから、攝津さんのご意見を私か監査委員会宛てにお寄せになったとしたら、それはユーザーML(情報交換の場です)ではなく、ホームページ上に掲載されます。

 この件(8月末よりの西部氏に対する批判とそれに付随するQへの批判)についての攝津さんのご意見の掲載は、10月末までこちらで待ちます。そして意見掲載も一回と限らせてください。もう十分に、攝津さんの行動は、そこここへと伝わったはずです。それによって多くの人が心を痛めたことだと思います。だから、QのHP上、厳密にはその中の監査委員会のページでの「この一回」は私の責任で掲載するかどうか決めます。

 攝津さんに対する意見の転送は、10月末までは私がやります。いつまでもというわけにはいかないので了承してください。以上の条件でよければ、ご連絡ください。

《----- Original Message ----- From: "攝津正" To: "d-takayama" Sent: Tuesday, September 16, 2003 2:59 PM Subject: Re: ご質問 [以下3通目と同じ]

高山さん

『 以下の2通のメールの一般公開について、構いません。』

構いませんが、わたしはQユーザーMLの読者ではないので、その後どういう議論になっても読めません。

1、その後、感想や意見などが寄せられた場合は私に転送してくれること。
2、それに対して私が意見があれば私が高山さんにメールを送り、それをQユーザーMLに転送してくれること。

をお願いしたいのですが、いかがでしょうか。不明な点があれば、電話でもメールでも、ご確認ください。

攝津 正

5通目 攝津氏から高山へ。

----- Original Message ----- From: "攝津正" To: "d-takayama" Sent: Tuesday, September 16, 2003 9:46 PM Subject: Re: Re: ご質問

高山さん

ホームページ上の公開ということなら、話は違ってきます。わたしの側に誤解がありました。

高山さんが指示したメールは私の真実の気持ちを書いたもので、仲間らに対する皮肉も含まれています。

ゆえに、公開は、もし私の意志を尊重してくださるならば、私の側のお願いとしてはお断りしたい、ということになります。

以上、ご検討ください。

攝津 正 --

攝津正

6通目 高山から攝津氏へ。

----- Original Message ----- From: "d-takayama" To: "攝津正" Cc: Sent: Wednesday, September 17, 2003 12:24 AM Subject: [Q-audit-committee] Re: Re: ご質問

 攝津さんへ。Q監査委員の高山です。
 攝津さんが仲間を思って私信の公開を躊躇う気持ちは分かります。しかし、攝津さんならお分かりでしょうが、それは攝津さんが攻撃してきた人も同様ではありませんか?。彼らがプライベートで連絡を取り合って、時に不満をぶちまける。よくあることだと思います。かえって、その種の個人的な鬱積した感情を「正式会議」で表明しようとする人はまずいないのではないですか。

 監査委員として攝津さんに再度お願いします。

』霙鼎気鵑叛症瑤気鵑留酬に含まれている攝津さんの私信をQのホームページに掲載することを攝津さん自身が承諾してください。攝津と西部さんの応酬について可能な限り、あった通りのことを公表すること、それは攝津さんにとっても、ご自身の不正な手段によるQユーザーMLへの投稿や、攝津さんの自己申告によるとWinds-qへの不正なアクセス、その他大量の煽動的なメールの送付によって巻きこんだ、大勢のQ会員や一般の人たちに対する最低限の責任を果たすことになるのではないですか。「不正」とは、ここでは「NAM通信ルールの違反」と同程度ないしそれ以上の重要なことであるとお考えください。

攝津さんが、再度お断りになった場合、攝津さんとQ監査委員である私・高山との交渉の経緯をホームページに公開し(もちろんこのメールもです)、以後の対応については監査委員会で再度検討します。

ご回答の期限は、9月18日木曜日いっぱいでお願いします。期限を過ぎた場合、攝津さんと監査委員高山とのやりとりをQホームページに公表したうえで、以後の対応についてはQ監査委員会でもう一度討議をした上で決定します。攝津さんがQというコミュニティに侵入して行われた不正な行為や、Qの外部でQに対して行われたことによる損害はどのようなものであり、どのような対処が必要か、という観点から議論されるだろうと思います。

べ霙鼎気鵑里完娶に添えるだろう、私が思いつける唯一の手段を最後に挙げます。それは攝津さんが、ご自分の名前において一連の不正行為を謝罪する文をQのホームページに掲載することです。その場合は、西部さんと攝津さんの全ての応酬に換えて、交渉の経緯と攝津さんの謝罪文の掲載に変更します。

 私は攝津さんはQの功労者であると思っています。その攝津さんにこのようなことを書くことは心苦しく存じてます。い両豺腓任皸箚犬覆ら、私は期限を切らねばなりませんし、文面によっては受け取りを拒絶する場合もあります(期限は攝津さんのご返答の後決定します)。攝津さんの行動の影響は、それほど直接的であり広範囲に及んでいると私は考えているのです。よろしくご検討ください。 

《 ----- Original Message ----- From: "攝津正" To: "d-takayama" Sent: Tuesday, September 16, 2003 9:46 PM Subject: Re: Re: ご質問 》 [以下五通目と同様につき削除]

7通目 高山から攝津氏へ

----- Original Message ----- From: "d-takayama" To: "攝津正" Cc: Sent: Wednesday, September 17, 2003 12:30 AM Subject: [Q-audit-committee] Re: Re: ご質問

 高山です。こんばんは攝津さん。先ほど送信したメールで攝津さんの敬称を1つ抜かしていました。どうもすいませんでした。

《----- Original Message ----- From: "攝津正" To: "d-takayama" Sent: Tuesday, September 16, 2003 9:46 PM Subject: Re: Re: ご質問 》 [以下五通目と同じ]

8通目 攝津氏から高山へ。

----- Original Message ----- From: "攝津正" To: "d-takayama" Cc: Sent: Wednesday, September 17, 2003 2:06 AM Subject: Re: Re: ご質問

攝津です。

《  攝津さんへ。Q監査委員の高山です。 攝津さんが仲間を思って私信の公開を躊躇う気持ちは分かります。しかし、攝津さんならお分かりでしょうが、それは攝津さんが攻撃してきた人も同様ではありませんか?。》

一体何が同じなのか分かりません。私は、私自身が私の仲間に対して皮肉な言い方をしているので、公開を拒んでいるのです。

《 (2) 攝津さんが、再度お断りになった場合、攝津さんとQ監査委員である私・高山との交渉の経緯をホームページに公開し(もちろんこのメールもです)、以後の対応につ いては監査委員会で再度検討します。》

これで結構です。

《 (4) 攝津さんのご意向に添えるだろう、私が思いつける唯一の手段を最後に挙げます。それは攝津さんが、ご自分の名前において一連の不正行為を謝罪する文をQのホーム ページに掲載することです。》

断固拒否します。どうして私が謝罪するのですか。私はQ-hiveに謝罪を「求めている」のですよ。

高山さんは監査委員として不適格です。 Qを守ることしか考えていないからです。私は、高山さんのリコールないし辞任を要求したいが、非会員なのでその権限はありません。しかし自発的に判断されて辞任されることを希望します。

9通目 高山から攝津氏へ。交渉における最後のメール。

----- Original Message ----- From: "d-takayama" To: "攝津正" Cc: Sent: Wednesday, September 17, 2003 6:25 PM Subject: [Q-audit-committee] Re: Re: ご質問

攝津さんこんばんは。Q監査委員の高山です。万事了解しました。後は、Q監査委員会が判断する、ということにします。

あとは蛇足にすぎないですが、いくつか書いておきます。 《 一体何が同じなのか分かりません。 私は、私自身が私の仲間に対して皮肉な言い方をしているので、公開を拒んでいるのです。》

 「私的な事情」で公開されたくないメールがあるのは誰でも同じでしょう、といいたかったのですが。

 誰もが「私自身の発言」をしていると思います。自分が陰で仲間への皮肉を言っていたということが、どうしてそんなに特別な事情になるのですか。私だってそういうことになれば困りますが、それくらいのことなら謝ればいいのではないでしょうか。誰だって言いすぎることはあります。(それに公開を求めている理由は、攝津さんの個人的感情が表明されているからではなくて、攝津さんによる一連の西部氏批判として公開しなければならないと考えられるからです。)

《 高山さんは監査委員として不適格です。Qを守ることしか考えていないからです。 私は、高山さんのリコールないし辞任を要求したいが、非会員なのでその権限はありません。しかし自発的に判断されて辞任されることを希望します。》

 Qの監査委員としてNAMを重視するのは、NAMの要職にあった一部の前任監査委員たちならいざしらず、私にはできない相談です。Q会員の立場に立てないで無益な論争を繰り返す人々に、私は同調するつもりはありません。そこは攝津さんの姿勢に共感できるところです。しかし、攝津さんの選択した行動はQ会員の立場からいって、非常に懸念されるものでしたので、私はそれに対処するために行動しました。

《----- Original Message ----- From: "攝津正" To: "d-takayama" Cc: Sent: Wednesday, September 17, 2003 2:06 AM Subject: Re: Re: ご質問》 [以下8通目と同じ]

プリンタ出力用画面 友達に伝える


Q監査委員会アーカイブス