ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが Q管理運営委員会の公開文書 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...

Q管理運営委員会の公開文書(2)

【目次】

■赤字上限自動拡大停止のお知らせ(03/06/15UP)
■今回の規約改訂の経緯と今後の規約改訂のあり方(03/06/15UP)
■登記業務再開に伴う幾つかの改革について(03/06/15UP)
■Q管理運営委員会の新代表・副代表選挙が行われました!
■02年後半期の混乱に対するQ管理運営委員会の公式見解
■Q管理運営委員会の新代表・副代表選挙のお知らせ

赤字上限自動拡大停止のお知らせ(2003/06/15)

Q管理運営委員会では赤字上限のリアルタイムの更新が先般の架空取引の誘引になったことに鑑み6月15日(日)から赤字上限の自動拡大を停止することにいたしました。
そしてこれに伴いQ規約の一部を変更いたしました(規約全文については、追って公表させていただきます)
また赤字上限の拡大方法についてはリアルタイムではなく会員資格更新時に行うことを検討いたしております。決定次第ご報告させていただきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます
《赤字上限の拡大制度とは》
Qでは、赤字で取引できる上限を定めていますが、その上限値は各会員ごとに、ご自身の総取引額ー販売額(黒字)と購買額(赤字)の絶対値の合計ーに応じて拡大することになっております

今回の規約改訂の経緯と今後の規約改訂のあり方(2003/06/15)

Q管理運営委員会では2002年後半からの混乱(詳しくは 02年後半期の混乱に対するQ管理運営委員会の公式見解をご覧ください) のさまざまな 問題点が表面化しました。

このことを踏まえ委員会では、規約改訂作業にあたってきましたが今回の改訂におけ るポイントとしては根本的な見直しではなく規約における運営の実情やwinds_qとの 齟齬をなくし安定的な管理運営業務が実現できるよう改訂したというところにありま す。

根本的な規約改訂については、ユーザ−の皆様とQ管理運営委員会との共同作業で行 う案が出ています(詳細については 【[q-project 7287] 規約 改正と登記再開:2003年5月5日 7:15:宮地剛】 をご覧下さい)ので決定次第ご報告 させていただきます。

●今回の規約改訂のポイント

(1)目次下部に[注記]本規約に記載されているすべての事項が現状のWinds_qに 具現されているわけではありません。規約には将来実装する予定であるものも含まれ ています。を追加しました。

(2)規約2.2.3にQの原則を追加しました。
【解説】
2002年後半からの混乱において問題とされたQ(コミュニティ)やQ管 理運営委員会のあり方,また,両者の関係についての一般的規定を表現するもので す。これは上記の公式見解のエッセンスを盛り込んだものであり同様の非難や要求に 対し、Q管理運営委員会が対処するための指針となるものです。

(3)規約3.1.2.1登録申請[ペンネーム(仮名)]の下部に[注記]個人会員にな る場合,公的書類が提出できない人のための例外的規定があります詳しくは「ペン ネームと実名登録について」をご参照ください。を追加しました。

(4)規約3.1.3および3.2.3手数料の負担のところに3.手数料返却の不可 過去に振り込まれた口座管理手数料などは、返却に応じることはできません。という 文言を追加しました。

(5)規約3.1.5および規約3.2.6の赤字上限の拡大について「各取引ごとにwinds_q によってリアルタイムに計算されます」というのを「会員資格の更新時に設定し直さ れます」と変更しました。
【解説】
赤字上限のリアルタイムの更新が先般の架空取引の誘引になったことに鑑み会員資格 の更新時の再設定に変更したものです。

(6)規約 5取引を「5取引」「6Qの安定、維持、保全」に分け文言を整理しました。
【解説】
規約5.取引の部分に、取引以外の内容があったり罰則や処分規定が挿入されていて、 読みにくかったため規約6 Qの安定、維持、保全という項目を新設しQの安定に必要 な規約をまとめました。

(7)規約6.5 会員資格の更新 に更新通知に対して応答のない会員への対応を変更 しました。

(8)規約6 罰則規定を規約7 審査・罰則規定・不服申し立てと変更し内容を整理追 加しました。また罰則規定としての「赤字上限の固定・縮小」を削除しました。
  【解説】
・審査・不服申し立てといったユーザーの権利に関する部分をわかりやすくしました。
・罰則規定については「取引履歴の削除」「Winds_qへのログイン禁止」「取引の停 止」「その他Qの秩序を保持するために必要な措置」というのを盛り込みました。
・赤字上限についてはリアルタイム更新から会員資格の更新時の再設定に変更された ことに伴うものです。

(9)規約8 Q管理運営委員会から各部の業務内容を削除し規約8.7専門部と変更し ました。また管理委員10名以上というのを原則として5名以上と変更し任期等につ いて削除しました。
【解説】
Q管理運営委員が大幅に減少したのに伴い実情に合ったものに変更しました。

(10)規約8.8 にQ管理運営委員の罷免に関する条項を新設しました。

(11)規約9.2Q監査委員 9.3Q監査委員の業務を変更しました。
【解説】
監査委員の実情に合ったものに変更すると同時に業務内容に「Q会員及びQ外部への情 報公開やQ管理運営委員会への情報公開の勧告」「Q会員からの不服申し立て審査」 「会員からの申し立てによるQ管理運営委員の審査と、解任の勧告」というのを追加 しました。

(12)規約9.4 にQ管理監査委員の罷免に関する条項を新設しました。

●Q規約改訂議事録の公開 ⇒詳細は こちら をご覧ください。


登記業務再開にともなう幾つかの改革について(2003/06/15)

Qユーザーのみなさまへ                      

Q管理運営委員会では、昨年12月21日に新規会員の募集を停止いたしましたが、このたび6月22日(日)に募集を再開することになりました。運営委員は10名と少人数ではありますが安定的な運営を目指して頑張っていきたいと思っております。
ユーザーのみなさまには、何かとご不便をお掛けすることもあるかとは思いますが長い目で見守っていただければ、このうえない喜びです。なお募集再開の詳細については下記をご覧ください

●新規会員募集の停止と今回再開するに至った経緯

Q管理運営委員会では2002年後半からの混乱(詳しくは02年後半期の混乱に対するQ管理運営委員会の公式見解をご覧ください) 

このため委員会では、現在の管理運営体制を見直し、組織の改編や規約の見直しなどをも含め安定的な管理運営業務が実現できるまで新規会員の募集を停止することに決定しました。

募集停止後、委員会では、公式見解の発表・HPのリニューアル・代表、副代表選挙・規約の改訂・組織の簡素化・Winds_qのバージョンアップ等を行い安定的な運営に目処がついたとして、このたび新規会員募集を再開することにいたしました。

●規約の改訂について

詳細についてはQ規約をご覧ください

●組織の簡素化について

今まであった9つの専門部を「運営」「広報」「開発」の3つに簡素化しそれぞれの部署が独自性を持って業務を行うこととしました。
(詳しくは、規約 8.7専門部 をご覧ください。)

●Winds_qのバージョンアップについて

・データベースのバージョンを上げ、セキュリティ面での安全性を高めました。
・取引の決済が多重にできてしまう不具合を修正しました。
・取引による赤字上限拡大を停止しました。

●新規会員募集の注意点

手続きの仕方の詳細はHPの「Q会員になろう」をご覧ください

●会員資格の更新について

規約の「6,5会員資格の更新」にもありますようにQ会員は毎年、会員更新として口座管理手数料、Q保険料を支払うこととなっています。しかしながらこれらはQ管理運営委員会の業務量の増加をもたらす、あるいはWinds_qに実装されていない、等の理由によりこれまで行われていませんでした。

今回新規会員の募集を再開するにあたって、会員資格の更新を実施することといたしました。
会員更新は今後のQ運営のあり方とも関連するためユーザ−の皆様とQ管理運営委員会と共同で検討のうえ実施することを予定しております。

●Q管理運営委員会に送付された本人確認書類の扱いについて

(1)これから登録手続きをされる方へ
これまで登録手続きの際、送付いただいた本人確認書類はQ管理運営委員会において厳重に保管しておりました。しかしながらプライバシーに関わる重要な書類ということを考慮して、流出等の不測の事態を避けるためにも今後は登録手続きが終了後、委員会において責任を持って破棄させていただくこととなりました。

(2)現在保管している本人確認書類について
現在Q管理運営委員会において保管している本人確認書類は、すべてシュレッダーにより裁断破棄することにいたします。原則として返却には応じかねますが、どうしても返却を希望される方はQ管理運営委員会までご連絡ください 

以上。今後ともQをよろしくお願いいたします。

Q管理運営委員会の新代表・副代表選挙が行われました!

選挙の結果、Q管理運営委員会の新代表、副代表が下記のように決定しました。
代表:逵健志
副代表:田中利昌・宮地剛

投票結果:Qハイブ委員10名のうち立候補した3名を除き7名が投票権者となりました。投票数は6票ですべての投票が3名を信任いたしました。

02年後半期の混乱に対するQ管理運営委員会の公式見解

02年月以降に生じたQとNAMとの対立によるさまざまな混乱についての
Q管理運営委員会の「公式見解」は⇒こちら

Q管理運営委員会の新代表・副代表選挙のお知らせ(03年3月29日UP)

現在Q管理運営委員会では、代表、副代表の選挙を行おうとしています。
今回の改選は西部 忠の代表辞任にともなうものです。
これにより昨年以来の暫定体制は一応終了し、新たな体制が発足します。

 

 

プリンタ出力用画面 友達に伝える


Q管理運営委員会アーカイブス